囃子 太鼓

青森のお囃子では、太鼓は、どの囃子にも登場する、中心的存在。
その、テンポにより、団体のカラーも出る。


青森のねぶた囃子の太鼓は、「締め太鼓(タガで締めた桶のような胴に、両面に皮張り、縄で締めた太鼓)」
を利用し、鋲打ち太鼓などは、利用しない。
通常、大型ねぶたで見られる大きさは、「三尺太鼓」である。
団体によっては、それよりも、大きな物を用いている団体もある。大きさは、「寸刻み」で有り、胴の直径ではなく、皮を張ったタガの外寸で表す。
本来は、小さなものを担いで叩いた。現在は、台車(リヤカー又は専用台車)に乗せて叩く。一つの団体で、六台〜八台。
叩く撥(バチ)は、トヨシ(トウヨシ)と呼ばれる、籐手芸に用いる籐の太いもの。現在は、「柳」や「竹」は用いない。

太鼓、撥(バチ)は、いずれも、弘前の太鼓屋で、購入できる。

青森市内の楽器店や、太鼓屋で、手にいれられる。
撥(バチ)は、仕上げていない物で、1000円〜2000円。「正調」さんあたりで、仕上げて使える状態の商品で3000円程度。一人、二、三組持っているのが普通。太さも、好みによる。細くてしなるのが、好きな人、太いのが好きな人。それぞれ。

太鼓は、三尺の物で、23万円程。担ぎの小さい物は、五万〜十万程度。

渡辺太鼓店 青森県弘前市大字楮町5−19
         0172−32−9558

塩谷太鼓店 青森県弘前市南大町2−1−3
         0172−32−9556

太鼓楽譜

トップページへもどる