跳人 青森で参加する

宿泊方法・場所を確保する

「ねぶた」は、基本的に夜の祭りなので、参加した後は、「宿泊」が原則となります。市内や近郊のホテルは、一年前からの予約、又は、「ツアー旅行」に確保され尽くしているし、個人で泊まるとかなりの高価です。
「ねぶた価格」と悪評されるように、かなり、暴騰します。
中には、三ヶ月前から予約が始まる所もありますから、チャンスはあります。
後は、祭り終了後、思い切って函館へ渡り、函館泊もいいでしょう。

青森県在住の友達を頼るのも一手です。
駅前には、ライダー跳人(バイクでツーリングで青森に来て、跳人をしている人)たちが、野宿しています。
最悪は、野宿もいいでしょう。暑さぐらいなら、我慢できます。

まずは、青森へ行く

青森まで行かなくては、話になりません。手段は、飛行機、JR、車、自転車、バイク、徒歩。どんな事をしてでも、青森にたどり着く事が必要です。

ねぶた開催場所を確認

宿泊場所のフロントや、駅前の「観光案内所」、アスパム(青森県観光物産館)、ラッセランド(ねぶた小屋)で、無料のパンフレットをもらうか、直接、開催場所を聞いておきましょう。ほとんどが、駅前から、活動できます。前述のアスパムや、ラッセランドは、駅前から徒歩で移動可能です。もちろん、ねぶた開催場所も、徒歩で行ける距離です。

衣装・着付けを確保

観光案内所等で、衣装の、貸し出し、着付けをしてもらえる場所を聞いておきましょう。これも、駅前からアクセスできる場所にあります。

さぁ出陣!!

準備が整ったら、さぁ出陣です。勢いを付けるために、居酒屋で一杯やるか、お酒を購入して、テンションを上げましょう。(飲めない方は、無理をしないように。また、未成年の方は、飲酒は法律で禁止されています)
現在のスタート方式では、コース上のどこからでも、参加可能です。ただ、トラブルを回避するためには、出発時間より前には、待機していたほうが、無難です。初心者は、あまり、花笠はお勧めではありません。団体によっては、花笠を着用していないと、参加できない団体も、あります。

重要注意!!

「跳ねる」前には、必ず準備体操をしましょう。年に何人か必ずアキレス腱を切る方がいます。
呑みすぎに注意!!。激しい運動なので、呑みすぎると危険です。
祭り中は、無料の水分補給の為のバケツがリヤカー等に積んで一緒に運行しています。水分補給を途中で十分とりましょう。

トップページへもどる